御法川雄矢

指揮 御法川雄矢(みのりかわ ゆうや)

 1980年北海道に生まれる。10歳よりヴァイオリンを始め、その後、ヴィオラに転向し1996年、桐朋女子高等学校音楽科入学と共に指揮をはじめる。1999年、桐朋学園大学音楽学部入学。在学中より幅広い活動を行い、同年には、ロイヤルチェンバーオーケストラのメンバーとして参加する他、2000年よりバンドネオン奏者小松亮太氏のライブ、レコーディングに参加する。2001年3月には、「フランシス・プーランクの世界」(浜離宮ホール)で仮面舞踏会を指揮し、池田智之、故 田中雅仁らと共演する。11月には、川口市アンサンブルリベリテ吹奏楽団を全日本吹奏楽コンクール出場に導き、”銀賞”を受賞する。また同年12月には、大学4年の若さで貞松・浜田バレエ団特別公演「くるみ割り人形(全幕)」にて関西フィルハーモニー管弦楽団を指揮し、デビューする。またピアニストの村上弦一郎氏と共にGEN室内管弦楽団を立ち上げる。2003年桐朋学園大学音楽部を卒業。国際的音楽セミナー、ミュージック・マスターズコースinかずさに招待参加する。
2004年GEN室内管弦楽団ヨーロッパツアーを成功させる。2005年1月札幌商工会議所主催「くるみ割り人形(全幕)」を指揮する。同年2月、小松亮太&オルケスタ・ティピカにて南米ツアーに参加。5月大阪国際室内楽コンクールにて弦楽四重奏の部セミファイナルに出場。9月には貞松・浜田バレエ団「眠れる森の美女(全幕)」にて大阪シンフォニカー交響楽団を指揮。12月には井上バレエ団「くるみ割り人形(全幕)」にてロイヤルメトロポリタン管弦楽団を指揮。メインシアター開館20周年記念事業:吹田市民バレエ「くるみ割り人形(全幕)」にて関西フィルハーモニー管弦楽団を指揮する。2007年Elements String Quartet~エレメンツ・クァルテット~を結成し東京、北海道にてデビュー公演ツアーを行い高い評価を受ける。2009年2月NHK交響楽団に入団。2010年には急遽、静岡交響楽団に堤 俊作氏の代役として静岡交響楽団第44回定期演奏会を指揮し成功を収める。これまでにロイヤルメトロポリタン管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪シンフォニカー交響楽団、静岡交響楽団などを指揮する。
指揮を堤俊作、ヴァイオリンを市川映子、ヴィオラを江戸純子、室内楽を青木十良、岩崎叔、各氏に師事する。現在、NHK交響楽団ヴィオラ奏者、21世紀の吹奏楽”響宴”会員、ロイヤルチェンバーオーケストラ、GEN室内管弦楽団、横浜ウ゛ィルトゥオーゾ、小松亮太オルケスタ・ティピカ、エレメンツ・クァルテット、昴21弦楽四重奏のメンバーとしての活動の他、レコーディングなどスタジオミュージシャンとしてなど幅広く、積極的に活動している。