天沼 裕子

1271598_533223156748707_96861337_o指揮者 天沼 裕子

東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。旧西ドイツ、ハノーファー国立音大大学院カぺルマイスター(指揮)科修了。
1989年オーケストラ・アンサンブル金沢初代常任指揮者に就任。92年より東京ニ期会や東京室内歌劇場、静岡音楽館、水戸、藤沢オペラ、その他各地に
おけるオペラを指揮。モーツァルトやヴェルディ、プッチーニを得意とする傍ら、現代オペラの初演を多く手がける。95年より文化庁の在外研修員とし
てベルリン国立オペラ、バイロイト祝祭歌劇場にてバレンボイム氏の元で研修。V. フェルドブリル、F. ライトナー、R. ロイター各氏に指揮を、黛敏郎、
北村昭に作曲を師事。
99年よりドイツ・ザクセンアンハルト州州都マグデブルグ歌劇場の指揮者となり、03年よりコンポーザー・イン・レジデンスとしても活躍する。04年
10月よりルーマニア国立放送管弦楽団首席客演指揮者。また、05年4月よりドイツ・バイエルン州立ヴュルツブルク音楽大学オペラ科音楽主任、およ
び指揮科教授に就任。ますますの活躍が期待されている。また、オペラ作曲家ヴェルディの遺言により作られた音楽家老人ホーム“ラ・カーザ・ディ・ヴェ
ルディ”にヒントを得、熟年音楽家の家、“ラ・カーザ・ディ・チエロ”実現を目指し、04年12月その基金を設立。そのためのコンサートも積極的に展開中。

※天沼先生には、第15回定期演奏会(1997年)以来、長きにわたってご指導をいただいております。

天沼裕子公式サイト 天沼裕子先生の公式サイトです。

演奏履歴へ