曽我 大介

指揮者 曽我 大介

東京ニューシティ管弦楽団 首席客演指揮者。桐朋学園大学、ウィーン音楽大学等において、ベルナルト・ハイティンク、ジュゼッペ・シノーポリ、イルヤ・ムーシン、ウーロシュ・ラーヨビッチ、小澤征爾、田中雅彦、イオン・ケプテア、森正の諸氏に学び、1989年ルーマニア国立音楽院を首席卒業。同音大在学中にルーマニアの国立オーケストラを指揮してデビュー。
1993年ブザンソン国際指揮者コンクール第1位、1998年第4回キリル・コンドラシン国際指揮者コンクール第1位、プラハの春、トスカニーニ、ジュネーブなどのコンクールで上位入賞。以降日本はもとより、ルーマニア、イタリア、フランス、スイス、オランダ、ドイツ、ポーランド、スペイン、デンマーク、チェコ、スロヴァキア、スロヴェニア、マケドニア、ブルガリア、中国、アメリカ、ブラジルなど世界各地のオーケストラに客演を重ねている。
ルーマニア国立放送交響楽団首席客演指揮者、大阪シンフォニカー交響楽団(現・大阪交響楽団)音楽監督を歴任。特に日本で最も若い音楽監督として活躍した大阪シンフォニカー在任中は、「関西音楽界に新風を吹き込んだ」と高評価を得、同団初の海外公演を成功に導いた。
2009年は国際交流基金の助成を受け、指揮者デビュー20周年と日本ドナウ交流年2009企画として、ブカレスト・コントラバス・ウィークへの参加、ルーマニア国立放送響、ジョルジュ・エネスコ・フィルをはじめ、5週間にわたりルーマニア各地のオーケストラに客演して、聴衆と楽員に熱狂的に迎えられた。2010年秋もブカレストのジョルジュ・エネスコ・フィルに、今年3月にはルーマニア放送響とブラショフ・フィルに客演した。
近年は作曲家としても活躍。2009年ブカレスト・コントラバス・ウィークで新作が初演され、るなど、その作品は日本をはじめ、イタリア、ルーマニア、アメリカ、ブラジルでも演奏されている。
各国の指揮者コンクール審査員、またブラジル、イタリア、ルーマニアなどの音楽祭や講習会で後進の指導にあたり、ブラジル・ロンドリーナ音楽祭では2006年から首席指揮者を務めている。
デルタ・クラシックスより、東京ニューシティ管との「チャイコフスキー:悲愴交響曲/ロメオとジュリエット(原典版)」(DCCA-0024) 及び「カリンニコフ:交響曲第1番・第2番」(DCCA-0042)がリリース中。

2006年4月より2009年3月まで東京ニューシティ管弦楽団首席指揮者、2009年4月からは首席客演指揮者。

現在、東日本大震災復興支援のための”Kibou音楽プロジェクト”を国際的に展開中。

曽我大介ホームページwww.soga.jp/

“Kibou音楽プロジェクト” ホームページ www.soga.jp/kibou/

演奏履歴へ